03固定電話番号をスマホで受発信できるサービスへ乗り換えよう

2022.01.12

多くの企業では固定電話番号を使っていますが、オフィスでしか使うことができません。そのため、「テレワークに移行したいが、電話対応をする人を置いておかなくてはいけない」と悩んでいる企業も多いのではないでしょうか。そういったケースで採用されているのが、固定電話番号をスマホで受発信できるサービスです。

誰もが持ち歩いているスマホで固定電話番号を受発信できれば、テレワークの社員や営業マンなども電話対応しやすくなるでしょう。

本記事では、固定電話番号の概要や固定電話番号をスマホで使えるようにする方法などをご紹介します。

1. 03番号(固定電話番号)とは

03番号とは東京の市外局番で東京23区から発信される電話番号のことです。東京23区内の家庭電話だけでなく、都内の企業の番号も03から始まります。

一方で、一般的なスマホの電話番号は「090」「080」「070」などから始まっています。個人で使う分には問題ありませんが、ビジネスで使う場合は個人の電話番号か企業の電話番号か区別しにくいためビジネス利用としてはあまり向いていません

そのため、スマホでも03番号などの固定電話番号などが使える電話システムを導入する企業が増えています。

2.03番号をスマホで使えるのはクラウドPBXだけ!

03番号の発着信をスマホで行いたいなら、クラウドPBXを利用しましょう。通常、オフィスなどで固定電話を使う場合は、PBXという内外線を制御する装置を設置します。

クラウドPBXはこの機能をインターネット経由で実現できるため、物理的な装置が必要ありません。インターネット回線とパソコンやスマホなどのデバイスがあれば利用できますので、運用面やコストにおいて大きなメリットをもたらします。

2.1電話転送サービスのスマホ受信は有料

電話転送サービスとは、会社にかかってきた電話を指定の固定電話などに転送するサービスです。厳密にいえばスマホで受信すること自体は可能ですが、サービス利用料金がかかります。

例えば、NTT東日本・西日本が提供する転送サービス「ボイスワープ」では550円(税込)の費用が必要です。

またこの方法は、オフィスにいる社員が一度電話を受信して担当のスマホに転送する必要があります。そのため、必ずオフィスに誰か人を置いておかなくてはいけないため、完全テレワーク化には向いていないでしょう。

さらにそのままでは03番号を使った発信はできません。スマホで発信した場合、自分のスマホの電話番号が相手に表示されます。企業の電話番号ではないため、相手に不審がられてしまう可能性があります。そのため、すぐに電話に出てもらえなかったり、ビジネスチャンスを逃してしまったりするケースもあるでしょう。

こうした事態を防ぐために、固定番号をスマホで使えるクラウドPBXサービスの導入を求めている企業が増えているのです。

2.2クラウドPBXなら無料で可能

03番号などの固定電話番号をスマホで受発信したいなら、クラウドPBXシステムを導入するのがおすすめです。03番号は社会的信用も大きく、さらに既に利用中の企業が多いので番号を変更せずに利用できるクラウドPBXはメリットが大きいでしょう。

クラウドPBXは、通信事業者が提供する光ファイバー網を利用した電話システムのため、従来の固定電話番号も利用できます。

使用するサービスによっても異なりますが、クラウドPBXなら03以外の固定電話番号の市外局番も利用可能です。そのため、現在の電話番号を変えずにスマホで固定電話番号を発着信させたい全国の企業にもクラウドPBXはおすすめといえるでしょう。

新規で電話番号を取得することも可能

クラウドPBXは新規で固定電話番号を取得することも可能です。クラウドPBXの場合、電話番号はベンダーを通じて取得します。

たとえば、会社を立ち上げたばかりのスタートアップ企業レンタルオフィスやシェアオフィスを利用している企業の場合、電話番号が取得できない可能性もあります。しかしクラウドPBXであれば、ベンダーが電話番号取得を代行してくれるため、問題なく取得できます。

どこからでも会社番号で電話対応が可能

クラウドPBXを利用してスマホで発着信できるようになれば、どこにいても会社の電話番号で電話応対が可能になります。

従来のオフィスに置いて使うタイプでは、固定の電話機しか使えませんでした。しかし、クラウドPBXならインターネット回線を利用するため、スマホやタブレット、パソコンなどのデバイスをビジネス用の電話として利用できます。

インターネットに接続されていればほぼ端末の制限はないため、出張先や外出先、テレワーク中の自宅でも電話対応ができるのが魅力です。またインターネット環境があれば国外からの電話も可能です。

テレワークなどの新しい働き方を推進するのはもちろん、外出中で電話に出られないことでビジネスチャンスを逃すこともなくなるでしょう。

コストも大幅に削減できる

スマホで受発信できるようになれば、電話にかかる費用を大幅に削減できます。クラウドPBXは、物理的な機器の導入がないため、多額の導入費用が不要です。

さらに外線でスマホにかけていた電話を無料の内線に変えることで、電話代を抑えることにもつながります。

一般的な転送サービスを利用する場合は転送料金がかかりますが、それも不要になるためコストを大幅に抑えられるでしょう。

3.「リモテル」なら03番号をスマホでより快適に

RemoTEL(リモテル)はパソコンやスマホで発着信ができるクラウドPBXサービスです。

03などの固定電話番号も利用できたり、利用中の代表電話番号を継続可能だったりするため、電話番号を変更する手間もありません。またリモテルには以下のようなおすすめポイントがあります。

3.1数あるクラウドPBXからリモテルを選ぶ理由

クラウドPBXにはさまざまなサービスがありますが、ここではリモデルがおすすめの理由をご紹介します。

独自サーバーによる安定回線

リモテルコールセンター品質の独自サーバーを用いているため、回線が安定しているのが特徴です。スマホでもパソコンでも、固定電話と変わらない操作で通話が可能です。

さらにメンテナンスや保守についても自社データセンターで行っているので、顧客側でメンテナンスをする必要はありません

03番号以外の地域番号にも対応

リモテルは東京の市外局番である03以外の地域番号にも対応しています。東京以外に住所を持つ企業の利用もおすすめです。

4.まとめ

ビジネスで利用するなら、信用度の高い03などの固定電話番号を使いたい企業も多いのではないでしょうか。しかし、オフィスにある固定電話を利用する従来のスタイルは、テレワークや営業職などと相性があまり良くありませんでした。

そこでおすすめなのが、スマホで固定電話番号を利用できるクラウドPBXシステムです。クラウドPBXなら、インターネット回線とスマホなどのデバイスがあればどこからでも電話対応をすることができます。さらに現在の番号を変えずに発着信できるので、電話番号が変わったことを周知する手間もありません。

リモテルなら独自サーバーによる回線を用いているので、通信が安定しています。また03はもちろんそれ以外の地域番号にも対応しているので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

~スマホと地域番号が使えるコールセンター品質のクラウドPBX~ RemoTELのお問い合わせはこちらへ!

お見積り・デモ依頼は

icon
03-6625-4397 (受付時間:平日9:30-18:00)
RemoMee